みらいにつなぐ料理教室@みやした助産院

2017年9月20日、横浜市の「みやした助産院」にて、「みらいにつなぐ料理教室」を開催しました。
フードコーディネーターの菅千明さんに、妊娠中のママや小さなお子さんでも安心しておいしく食べられる、そして忙しいママでも手軽にできるメニューを考えていただき、実演を交えながらわかりやすく教えていただきました。
小さなお子さん連れのママも多く、会場はワイワイと賑やかな雰囲気に。
おしいものを食べている時って、みんないい顔してますね。
そしてお腹いっぱいになったら・・・

21687591_1384272445015012_6137562591559347937_n

【レシピ】約4人分

◎切干し大根とみょうがの煎り酒和え◎
・切り干し大根40g・みょうが3~4個・煎り酒大さじ2

①切り干し大根を水で戻し、水気を切って適当な長さに切る。
②みょうがは細切りにする。
③①と②を煎り酒と和えたら出来上がり。

◎和のソースで里芋マッシュと鳥挽肉の重ね焼きチーズグリル◎
・里芋600~700g・玉ねぎ1/2個・鶏挽き肉200g・塩小さじ1/2・こしょう少々
・サラダ油適量・和のソース大さじ4・ピザチーズ適量

①里芋は皮をむき、柔らかく茹でて潰し、塩、こしょうで味付けする。
②玉ねぎは粗みじん切りにする。オーブンを200℃に予熱し始める。
③フライパンに油を熱し、玉ねぎ、鶏挽き肉を炒め、火が通ったら和のソースを加える。
④耐熱皿に①を入れ、次に③を入れ、最後にピザチーズをふりかける。
⑤オーブンに入れ10~15分焼いたら出来上がり。(トースターでも可。10~15分焼く。)

◎油揚げ巻き焼きのだいだいポン酢あんかけ◎
・油揚げ2枚・豚肉薄切り3~4枚・長芋5㎝くらい・塩少々・片栗粉適量・サラダ油適量
・だいだいポン酢大さじ2・水大さじ2・水溶き片栗粉適量

①豚肉に軽く塩をふっておく。長芋は1㎝くらいの幅で細長く切る。
②油揚げの油抜きをしたらよく拭き取り、めん棒で伸ばしてから広げる。
(焼き海苔くらいの大きさに広がる。)
③油揚げに片栗粉をまぶし、豚肉を広げる。
④豚肉にも片栗粉をまぶし、端に長芋を何本か並べて巻いていき、巻き終わりを爪楊枝で止める。
⑤フライパンに油を熱し、④をまんべんなく焼いていく。
※焼けてきたら爪楊枝を取り、蓋をするとしっかり火が通る。
⑥だいだいポン酢と水を入れ、水溶き片栗粉を入れて、とろみを付けたら出来上がり。

◎椎茸と昆布のだしパックのポタージュ◎ 離乳食可レシピ
・さつまいも200g・米大さじ2・椎茸と昆布のだし1パック・水800cc
・塩小さじ1/2・きび砂糖小さじ1と1/2

①さつまいもは皮付きのまま1㎝くらいの幅で切る。
②鍋に①、米、水600cc、椎茸出汁を破って入れ、蓋をして弱火で煮込む。
③お米が柔らかくなったら火を止め、粗熱が取れたら水200ccと一緒にミキサーにかける。
④再び火にかけ、塩ときび砂糖で味を整えたら出来上がり。

◎車麩のポトフ◎
・車麩2個・玉ねぎ1/2個・人参1/4本・じゃがいも2個・キャベツ1/8個・舞茸1パック・オリーブオイル大さじ1・塩小さじ1弱・こしょう少々・野菜のだし1パック

①車麩は水で戻し、一口大に切る。
②玉ねぎはくし切り、人参、じゃがいも、キャベツは一口大、舞茸は食べやすい大きさに割いておく。(じゃがいもと人参はできれば皮付きのまま使う。)
③鍋にオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎ、人参を炒める。
④③にキャベツ以外の材料と、水500ccを入れて蓋をして7~8分煮込む。
⑤キャベツを加え、さらに5分ほど煮込み、全てに火が通ったら出来上がり。

◎鶏ごぼうのオトナ炊き込みご飯◎
・米3合・鶏もも肉1枚・ごぼう1/2本・人参1/4本・和のソース大さじ5・塩小さじ1/2

①鶏肉は一口大、ごぼうと人参は薄切りにする。
②洗米し、3合分の水を入れ、そこから大さじ5 分水を捨てる。
③和のソースと塩を入れ、炊飯したら出来上がり。

◎野菜だしパックの洋風焼飯◎
・冷ご飯4膳分・玉ねぎ1/2個・ベーコン4枚・ピーマン3個・卵2個・バター40g
・塩小さじ1/2・こしょう少々・野菜だし1パック

①玉ねぎ、ピーマンは1㎝の角切り、ベーコンは1㎝幅に切る。
②フライパンにバターを熱し、玉ねぎを炒め、火が通ったらベーコンとピーマンを入れる。
③さらに冷ご飯と塩、こしょう、野菜だしパックを破って入れて炒める。
④全体が混ざったら溶き卵を入れて炒めたら出来上がり。

※レシピの無断転用、無断掲載禁止